046009
team-radio.com


team-radio.com
team-radio.com
TOPスタッフ日記Blogオススメ!E-MAIL Restaurant Bar radioRadio'sBar
ドリカム 投稿者:佐々木です 投稿日:2007/08/07(Tue) 23:29
ドリカム「未来予想図“III”」初披露!故郷で恒例ツアー開幕

人気ユニット、DREAMS COME TRUEが4日、ボーカル、吉田美和(42)の故郷、北海道の札幌ドームで、4年に1度の恒例ツアー「DREAMS COME TRUE WONDERLAND」をスタートさせた。5度目となる同ツアーが地元開幕するのは初とあって、吉田は「うれしくてうれしくて。北海道だかんね!!」と感激のあまり、のっけから号泣。
約300万通の応募の中から人気上位曲「やさしいキスをして」「うれしい!たのしい!大好き!」など、ヒット曲を次々と畳み掛けた。アンコールでは、ヒット曲「未来予想図」「−II」シリーズの第3弾「ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜わたしたちの未来予想図〜」の完成を発表した。

四十歳になっても僕は、ドリカムのファンです。
カントウ 投稿者:佐々木です 投稿日:2007/08/06(Mon) 00:16
 竿燈まつりの歴史
 竿燈まつりは、真夏の病魔や邪気を払う、ねぶり流し行事として宝暦年間にはその原型となるものが出来ていたという。
 現在残っているもっとも古い文献は、寛政元年(1789)津村淙庵の紀行文「雪の降る道」で、陰暦の7月6日に行われたねぶりながしが紹介されている。このときにはすでに秋田独自の風俗として伝えられており、長い竿を十文字に構え、それに灯火を数多く付けて、太鼓を打ちながら町を練り歩き、その灯火は二丁、三丁にも及ぶ、といった竿燈の原型が記されている。
 元々、藩政以前から秋田市周辺に伝えられているねぶり流しは、笹竹や合歓木に願い事を書いた短冊を飾り町を練り歩き、最後に川に流すものであった。それが、宝暦年間の蝋燭の普及、お盆に門前に掲げた高灯籠などが組み合わされて独自の行事に発展したものと言われている。
radio & Radio's Bar 投稿者:嘉紀 投稿日:2007/08/05(Sun) 04:01
最近、ラジオスタッフが、山王radioと大町radioを交互に勤務しています。
それはラジオスタッフのコミュニケーションを計るのと、どちらのradioでも働けるよう、お客様と会話などを楽しめるようにと、考案したものです。
最初はあまりピンとこなかったのですが、今に思うと結構楽しいかなと。
大町の場合ですと、カウンターにバーテンダーが立った時のお客様との距離が山王のカウンターよりも遥かに近いので、自然と会話が生まれるし、会話をしようという気持ちができ、山王ですと、レストラン・バーですので、コース料理や食に関する知識を学べたりというメリットがあります。
でも逆に、どちらかのお店に慣れてない分、お客様にご迷惑をかける場合も出てくると思います。
が、我々スタッフ皆頑張ってそういう事ができるだけ無いように勤めますので、万が一何かありましたらスグにでもスタッフに言って下さい。
最後に、山王と大町radioに来て下さるお客様、見たことの無いスタッフがおりましたら、きっと上に挙げたような事ですので、暖かな目で見て下さったらすごく有難いです。
スタッフ一同仲良く全力で頑張っていきますので、どうぞ足を運んでくれますよう、よろしくお願いしますm(__)m
梅雨明け 投稿者:伊藤 投稿日:2007/08/02(Thu) 19:38
8月に入って東北地方もやっと梅雨が明け、短い夏の始まりですね抱
青森ではねぷた祭も開催されてるし、明日からは秋田の干燈祭も始まります奠嘯アの夏の勢いに負けずに、僕も頑張りたいと思います漱漱漱漱漱漱漱漱漱漱漱
これからの秋田 投稿者:ラジオ佐々木です。 投稿日:2007/08/02(Thu) 15:19
七月の選挙も、終わり
秋田市内は、また、静か
な街に、戻りましたが、
秋田のお祭り カントウ祭が、始まります。少しは
にぎやかになればイイナー。

過去のWhat's New: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | |

・All Rights Reserved・RADIO Ltd.co ・



- KENT & MakiMaki -